クラブ委員会議事録(記 2000.6.30 富澤)

開催日 2000.6.28
場所  市川市役所4階
出席者  クラブ委員    藤、宗像、富澤、加藤
      大会運営委員  中谷、玉田、高野、鴻巣(敬称略)

1 一部大会の反省点

No. 反省点 回答など
1 海賊クラブジャージ番号が揃っていなかったなどの問題が発生した。このところ気が緩んできていたと感じる。
気の緩みは、グランド設営などにも現れている。
ジャージ問題については、気の緩みを認識し、修正できるよい機会だったと考える。
グランド設営なども大会運営側として、チームに声をかけるなどし、「自分たちの大会である」という認識を促していくべきと考える。
2 千葉県クラブ委員会ホームページに試合結果が掲載されたことは、よかった。
関東協会のHPには、東京都予選の結果が載っている。千葉県の結果もこれに載せてもらうことはできないか。
可能です。
関東協会窓口に結果を送付すれば、掲載してくれます。
関東協会HP掲載検討します。(クラブ委員)
3 初めて、2会場同時開催で、大会を開催した。
うまく運営できた。
同感です。
4 朝のミーティング時の各試合進行の分担が甘いと感じる。
ある試合では、運営委員がついていなかったりした。これは、選手と運営委員を兼ねていたため発生したと考える。
また、第三タッチジャッジが4人いるケースがあり、これは無駄と感じた。
了解しました。
今後の朝のミーティングで無理のない、役割分担をしてゆきたいと思います。
各チーム2名に大会運営委員を出してもっらっています。
運営委員全員の意識が高ければ、もっと絞った人数で運営をできるかもしれませんが、現在は、まだそのレベルではないと感じています。突発的に仕事で来れないなどの事態も予想されます。
朝のミーティング時には、以上の理由から、全大会運営委員に参加してもらいたくお願いしています。
ただ当日の作業分担方法などについては、改善の余地があると感じています。
具体的なうまいやり方などありましたら提示してください。
5 30分前ミーティングは、チームにとってデメリットが大きいと感じる。これら試合に向けて気持ちを盛り上げていこうというときに、キャプテンがいないのは、チームにとってマイナスである。 東日本大会は、45分前ミーティングで運営しています。
今回要望が多数あり、特に30分前にこだわる理由もありませんので、今後の大会では、45分前にミーティングを開催するとします。
6 メディカル腕章が必須という指示は、大会当初からしてほしかった。 諸般の理由から、大会途中から、メディカル腕章について着用を指示するようにしました。
本件については、大会要綱などに明記されている事項ですので、当然のことと判断しています。しかし、30分前ミーティングで、メディカル腕章着用の確認を運営側から伝達するようにします。
7 リザーブ選手の待機場所の指定について。
決勝では、リザーブ選手は、指定の場所に待機するように指示した。また、タッチライン脇にいてよい人をメディカルと給水する人のみとした。
これは、見る側、試合する側としてよい処置だったと考える。
了解しました。
今後の大会で、可能な限り、この形式で運営したいと考えます。
8 不慣れな大会運営委員のバックアップ体制が乏しい。
判断迷ったときなど、独自に判断してしまい、あとで問題になった。(海賊ジャージ問題)
迷ったときには、大会運営委員長、クラブ委員などに問題提起して欲しい。
問題によっては、緊急ミーティングを開催し、その会議で問題を処理します。
大会運営委員マニュアルに追記など検討します。
7 大会運営委員の意識のばらつきについて。
自チームの試合があるときのみ、来る委員がいる。
一方、全大会日程通じて運営に携わる委員がいる。
このばらつきは、何とかならないものか。
社会人であるので、どうお願いしたらよいか、難しい問題である。
継続的に呼びかけてゆきたい。
8 東日本大会に出場決まったチームへ何の連絡もないが、どうなっているのか。 関東協会として、大会要綱などが決まっていませんでした。22日の会合で決定し、26日に関東協会から富澤宛に送付されましたので、本日千葉バーバリアンズにお渡しします。
決勝戦後の段取りについて、チームへの連絡方法など検討したいと思います。

2 県理事会関連(藤)
 夏目理事長が、決勝戦観戦に見えた。
 すばらしい大会になっていると感激していた様子だった。

3 関東クラブ委員会関連(富澤)
 22日に関東クラブ委員会あった。
 神奈川の第二代表は、ブラックホース。
 一回戦は、9月10日菅平で開催される。

4 クラブ選手権2部について

4.1 状況報告
 ・印西クラブが説明会参加していないが、大会参加申し込み書送付してきた。
 ・柏サンデーが試合数が最低ひとつなら参加しないと連絡してきた。
 ・28日現在、申込書が印西クラブのものしか送付されていない。
 ・八千代クラブは、1部大会で2回棄権している。2部大会への参加を認めるか。

4.2 対策
 (1)2部大会について、再度参加募集をする。
 (2)八千代クラブの2部大会参加は認めない。

4.3 再参加募集に伴う2部大会のスケジュール
 (1)7月7日 各チームへ案内発送。
 (2)7月30日 大会説明会開催。
 (3)8月25日 参加申し込み締め切り。
 (4)9月2日  抽選会
 (5)試合開催候補日(候補日から4日程度、グランド手配できる日に開催する。)
           9月10日
          10月1日、8日、27日
          11月5日(この日は決定)、12日、19日
 (6)その他 
    ・試合形式は、リーグ戦を基本とする。
    ・出場選手の資格は、8月25日現在で、協会登録されている選手とする。

4.4 作業分担

No. 作業名 納期 担当 備考
1 4月15日大会説明会参加チームへの連絡 6月30日 富澤 7月30日の大会説明会には参加
2 再募集案内文の作成 7月6日 完成後、富澤に送付する。
3 案内状の送付 7月7日 富澤 以下チーム以外に送付する。
・4月15日説明会参加チーム
4 説明会会場手配 7月7日 時間・場所の決定
5 説明会 7月30日 全員  
6 申し込みチームの入金確認 8月26日 宗像  
7 抽選会場所手配 8月25日   時間・場所の手配
8 グランド手配 9月1日  

*.必要に応じて、クラブ委員会・大会運営委員会を開催し、必要事項を決定する。

                              以上